新鮮相簿精選相簿
    22相簿首頁
      二泊三日の澎湖旅行---3日目
A.塞納美民宿:その日、天気の雲がもっと多いです。朝は民宿の屋根へ行った、民宿の写真を撮りました。

B.澎湖奎壁山:潮が引くを見たいのために、も一度ここへ行きました。海の中に歩いた、携帯電話で一分ぐらいビデオを撮った、も一回風景の写真を撮りました。

C.跨海大橋:このアーチ橋は白沙と西嶼が主要な交通の要路です。こちらの写真は西嶼の方向です。昔、橋がない時、交通の方法は船しか乗りました、その後で、橋は1970年完成しました。しかし、潮汐と海風に蝕まされましたので、橋は使いません。1996年、新しい橋のリコンストラクションプロジェクトは完成しました。今、昔の橋の柱はアジサシの生息地。撮影の時間は足りませんので、そこの写真がない。

D.星月灣:その日、星月灣は昼ご飯のレストラン。マスターは自分で栽培の野菜と果物を使います。マスターは澎湖の食材を使って、意匠を発想しって、おいしい食べ物の料になります。そこの料理、私は大好きですよ。

E.西嶼西臺古堡:西臺古堡は台湾の国家一級古跡です。ここは澎湖の最大規模の古炮台、アーチの設計。古堡の上に6と12寸の口径の大砲はあります。ここがテンニンギクとサボテンは多いです。サボテンの花色は黄色、テンニンギクときれいなの。

F.大菓葉柱狀玄武岩:ここの玄武岩の石柱はもっと黄色です。数年、表土の下で覆いましたので、節理は維持することが完備します。ここは世界の遺産を申請されます。しかし、台湾は国連の中にありませんので、いつも成立しません。本当に厳しいですね。

G.二崁聚落保護區:三百年前から、二崁村は閉鎖な集落、全部の人の名前は"陳"を呼びます。初期、大部分の人は漢方薬の商売に働きました。二崁村は国内の最初の伝統集落保存区です。

H.通梁古榕:通梁古榕は一本の年齢が三百年以上の古榕樹。古榕樹の氣根は密生します。2004年まで、氣根の面積は660平方メートルを覆いました。澎湖の風砂は強いと地味のやせた土壌ので、それが本当に簡單じゃない。

I.馬公港:馬公港は九つ埠頭があります、全長約960メートル。馬公埠頭は西に向こうがU字形の天然港湾です。対外海運と生活の物資の主要な港湾です。

< 上一頁 123 下一頁 >
3頁,跳至第全部顯示
瀏覽數:2418 , 共 42 pic
< 上一頁 123 下一頁 >
3頁,跳至第全部顯示
瀏覽數:2418 , 共 42 pic